ARのECサイトでの活用

いま、新しい販売促進のアプローチとして「AR」が注目を集めています。

実店舗やネットショップ(ECサイト)での商品の販売促進のために「ARの導入」に関心を持たれている方に向けて、この記事ではARの役割の中でも特に「商品のバーチャルな試着体験」という側面にフォーカスをして解説していきます。

下の表の4象限について、より全体像を掴みたいという方はぜひチェックしてください。

AR×ECサイト

そもそもARとは?

そもそも、ARは「Augmented Reality(=拡張現実)」の略です。

ARによく似た技術に「VR」がありますが、VR(Virtual Reality・仮想現実)はVRゴーグルの中の100%バーチャルな仮想世界にユーザーが入り込む体験を指します。

それに対し、ARはスマホなどのデバイス越しの現実世界にバーチャル映像を重ねて表示させる技術のことを指します。

100%バーチャルがVR、現実世界にバーチャルな味付けをしたものがARというイメージです。

ARとVRの比較

こちらの記事では、AR・VRのみならず、MRやSRの意味を詳しく解説しています。

「家具業界」の試着AR

3Dモデルで制作された家具を自宅に試し置きする体験は、もっとも広く認知されているARの活用方法の一つです。

こちらは、家具通販のLOWYA社が提供しているとても精度の高い家具の試着ARです。

「気になった商品が部屋に設置できるサイズか」「どこに配置したら良いのか」「どの色が部屋にマッチするのか」などの具体的なイメージを、専用のアプリ不要で確認することができます。

ARにより、実寸大で好きな場所へと3Dの製品データを表示することができるため、ウェブショップ(ECサイト)の購買率を高める期待ができます。

 

家具業界のAR導入については、こちらにまとめています。

関連記事:家具業界の試着ARまとめ|オンライン販売を成長させるAR活用方法を解説

「アクセサリー業界」の試着AR

アクセサリーも、非常にARとの相性が良い業界です。

インド最大のオンラインジュエリー企業CaratLane(カラットレーン)が提供しているのは、ユーザーがイヤリングを仮想試着できるアプリです。

下の動画を見ていただくとARがオンライン販売を伸ばすことのリアリティがつかめます。

顔認識技術と3D技術を使って本当に試着していると感じられるクオリティの体験を提供しています。

実際にミレニアル世代を中心にこのアプリの利用者が増え、それにより同社は売上を大幅に成長させました。

購入者の40%がこのARアプリ経由とのことで、ARが購買促進を実現することを実証しています。

アクセサリー業界のAR導入についてはこちらにまとめています。

関連記事:アクセサリー業界の試着ARまとめ|オンライン販売を成長させるAR活用方法を解説

「メガネ業界」の試着AR

メガネ業界のAR活用でもっとも有名な企業は、アメリカ・ニューヨーク発のアイウェアブランド「WarbyParker」です。

同社は時価総額10億ドル以上の企業価値を持つ未上場スタートアップを指す「ユニコーン企業」と呼ばれています。

こちらに試着体験の動画が紹介されていますが、本当にメガネをかけているようです。

スワイプすると型や色が変わっていきます。

メガネのオンライン購入には「視力検査ができない」などの問題はありますが、人気のファッションメガネやブルーライトカットのメガネ、サングラスなど視力検査不要のアイテムも多く、それらは「似合っているか確かめたい」という心理がオンライン購入におけるハードルになります。

試着ARがウェブショップ(ECサイト)の売上に大きく貢献できる業界となっています。

関連情報:メガネ・サングラス業界のAR活用プロモーション事例

「シューズ業界」の試着AR

シューズ(靴)も試着ARが展開されています。

「WANNA KICKS」というアプリでは、人の足を認証するとぴったりサイズのバーチャル靴が表示され、足の裏側の靴のデザインまできちんと確認することができます。

ワイプしていくと色やデザインが変更できて、自宅でのオンラインショッピングを店舗に近い体験として楽しむことができます。

「ネイル業界」の試着AR

ネイル業界で有名なアプリ「WANNA NAILS」を紹介しましょう。

こちらは、先ほど紹介した「WANNA KICKS」と同じ会社が展開しているサービスです。

下の動画を見ていただくとmバーチャルにネイル試着ができることが伝わることでしょう。

ネイルを実際に塗ると、他の色に変えるためにはまた塗料を落とす必要があります。

しかし、バーチャルであれば操作感はサクサク。

自分にぴったりのものを探す体験が、リアルなショッピング以上に楽しくなりそうですね。

ファッション・アパレル業界の試着ARは実は難しい

洋服の試着体験については、モバイルのARで自分が試着している姿を自然に見せることはまだ難易度が高く、現在はAR以外のソリューションで試着体験を提供するサービスが一般普及を進めています(後で解説します)

SnapchatInstagramでは、メガネやメイクなど顔のトラッキング技術を活用した試着ARは提供できていますが、体への試着についてはまだ十分なクオリティに到達していません。

Snapchatでは以下のように人の関節まで含めた体の位置と動きを追跡するボディートラッキング機能を上半身のみ提供しています。

ボディトラッキング

Instagram・Facebookではこちらのボディートラッキング機能はまだ提供されていません。

ですが、直近リリースされた「ARkit」のボディートラッキングを使い、下のような体験が開発されているため、洋服の3D試着サービスがモバイルARで世に普及する日も近づいていそうです。

ファッション・アパレル業界の試着ソリューション

AR技術ではありませんが、イスラエル発の「Zeekit」という企業がアパレル・ファッションブランド向けに、自分そっくりの「アバター」を用いた試着アプリを提供し、オンライン購入前のユーザーの不安払拭にアプローチしています。

オンライン上でファッションアイテムを選ぶ際のサイズ確認や、似合うかどうかの不安などを解決すると言われており、Tommy Hilfigerやadidasといった有名企業との協業も行なっています。

画像作成には、タンクトップとショーツだけを着用した全身写真をアプリ上にアップロードし、身長を入力するというだけです。

そこからAI(人工知能)が身体特徴を計算し、身体画像を約8万分割して3D化、見た目もサイズもユーザーにそっくりなモデル画像が出現します。

創業者兼CEOのYael Vizelさん(女性)がイスラエル軍在籍時に使用していたヘリコプターから撮影した2D画像を3Dデータに変換する技術を参考に開発されたとのことです。

創業秘話が印象的ですね。

まとめ

ファッション業界では「返品」が大きな問題となっており、一人ひとりに個別化させたバーチャル試着体験は、ECサイトでの購買促進を実現するだけでなく返品率を改善することにも貢献しています。

「売上を伸ばし、コストを下げる」その両方に貢献するARの存在は、今後ますます重要になるでしょう。

私たちOnePlanetは、ARにまつわるさまざまなソリューションを展開しており、自社のInstagramアカウントやWebサイトに試着ARの導入を検討したいというご相談も賜っています。

あらゆるケースに丁寧に対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

企業のAR活用 関連記事

関連記事①:広告としてのAR活用事例まとめ|ARを活用してブランドへの好意的なイメージを生み出す方法とは

関連記事②:ARが小売業界にもたらす効果とは|店舗やECサイトの販促にARを有効活用する方法