ARファッションショー「Season」について解説!ファッション業界の未来

いまファッション・アパレルを含めた小売業界は、メタバースやNFTなどの影響をうけて大きな変化に迫られています。

NIKEはNFTで販売されているスニーカーブランドを買収し、渋谷109は「Sandbox」というメタバース上に土地を購入してメタバース店を出店すると発表しました。

この記事では、そんな変化の速度が早いファッション業界で注目の取り組みとして、ARおよびメタバースに専門特化した株式会社OnePlanetが提供する「Season」というARファッションショーを実施できるサービスを紹介します。

ARファッションショー「Season」とは

ARファッションショー「Season」とは、AR技術によって目の前にファッションショーを行える小さなショールームが出てきて、その中でマネキンがファッションショーを行なってくれる一連の「ARファッションショー体験」を提供できるサービスです。

以下の動画を見れば、そのコンセプトがすぐに理解できるでしょう。

「Season」が実現する未来のファッション体験

洋服を購入する一般的な客層で、実際にファッションショーへ足を運んだことがあるという経験を有する人は、一体どの程度いるものでしょうか?

その世界に憧れはあれど、少し距離の遠い場所にある世界だと感じている人も多いはずです。

「Season」が実現したいことは「ファッションショーを疑似体験できる小さなショールーム」をユーザーの目の前に出現させて、実際のファッションショーへ行かなくとも疑似的に誰でもファッションショーに参加するような体験ができる世界です。

ARによってブランドのファッションショーに参加することで、ユーザーがブランドとの距離を縮められるような関係づくりを実現したいと考えて作られたサービスということです。

以下より、さらに詳しく解説していきます。

体験の概要

まずスタートは何も色が入っていない状態のプレーンの部屋とマネキンがいる状態からスタートします。

ここからブランドの色々なファッションショーがスタートすることを想起させるスタート画面ですね。

そしてプレーンな部屋とマネキンは向かって右手方向へとスライドし始めます。

その向かう先からは、グリーンの部屋が出現し、さらにマネキンの色も連動して変化していきます。

これが「Season」の1つ目ということです。

そして2つ目、3つ目、と続いていきます。

4つ目の「Season」が終わると、またプレーンな世界へと戻っていくような一連の体験になっています。

もうお気づきの通りですが、「四季それぞれのファッションを体験するファッションショー」になっており、季節ごとのアイテムをユーザーに見てもらえるようなイメージでARが制作されています。

ARファッションショーの活用方法

このARファッションショー「Season」は四季のアイテムを見てもらうためだけに作られた訳ではありません。

目指したコンセプトは、実際のファッションショーへ行かなくとも疑似的に誰でもファッションショーに参加するような体験ができる世界です。

なので、四季にこだわらずともブランドが提供したいファッションショーをこの小さな3Dモデルで制作されたショールームに詰め込むことが可能です。

3Dモデルの中身のカスタマイズ性は無限大なので、ブランドの予算に応じてさまざまな形での設計ができます。ショールームの数も4つに限りませんし、マネキンの着るアイテム数も自由に調整できます。

WebARや、ARグラスでの活用も?

先ほどの動画では専用アプリを活用したARとして開発されていますが、よりユーザーがストレスなく体験できる「WebAR」を活用した方法での提供も考えられます。

また、開発元のOnePlanetではARグラスを活用してこちらの「Season」を提供する方法も考えています。

スマートフォンの小さな画面で表示する体験は、自宅でのユーザー体験にはフィットしていますが、

もしARグラスを活用して目の前の世界にショールームを出現させることができるようになれば、例えば新しくオープンする新店舗に設置して、来店した人だけが楽しめる特別なARファッションショーとして提供するのも良さそうです。

デジタルファッションとの融合も視野に

また、近年ではNFTやメタバースを活用した「デジタルファッション」も流行しています。

そういったデジタルなファッションアイテムを3Dモデルのマネキンに着せて、「Season」のショールームの中を歩かせるような体験も非常に魅力的ですよね。

小さなショールームをARによって表示させる未来のファッション体験「Season」は、これからの新しい時代にぴったりのサービスとして、今後も様々な活用方法が見出されそうです。

まとめ

メタバースは、次の時代のインターネットとも言われています。今となってはスマホがなかった時代が想像できないように、今後メタバースのない世界など信じられないと言われるほど、これからメタバースは社会に浸透していくことでしょう。

本メディアを運営する株式会社OnePlanetでは、ファッション・アパレルなど小売系の企業様やブランドのメタバース対応に専門特化した「AR for Metaverse」というサービスを提供しています。「メタバース時代に大きな存在感を示したい」「新しいサービスを生み出したい」というニーズがあれば、まさに今はぴったりのタイミングです。

ぜひ弊社がお力添えできればと思っていますので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

<合わせて読みたい>

小売業界のメタバース&NFT|国内外の最新事例を交えながら活用方法を解説