ARマーカー

AR(拡張現実)は、スマートフォンなどのデバイスを通じて見える現実世界にコンテンツを重ね合わせて情報を付加する技術です。

コンテンツを違和感なく表示させるためは、表示位置や大きさなどをきちんと指定する必要があります。

そのために必要なのが「ARマーカー」です。 

今回は、このARマーカーの仕組み・種類・活用事例をまとめてお伝えしていきます。

ついコンテンツに目が行きがちですが、ARマーカーも非常に重要な要素です。 どんなものなのか、しっかり理解しておきましょう。

AR(拡張現実)とマーカーの関係性

スマホアプリ

ARは、スマートフォンとの親和性が非常に高いデジタル技術です。

「バーコードのような画像にスマートフォンのカメラをかざしたら、何かが飛び出してきた」という体験をした方も多いでしょう。

このカメラをかざした画像こそが「ARマーカー」です。 ARマーカーとは、コンテンツを出現させるためのトリガーと言い換えられます。

ARマーカーとは

ARマーカー

 基本のARマーカーは、正方形の黒の枠に囲まれた白黒の図形です(上の画像は例です)。

黒枠でARマーカーであると認識し、枠内の図柄のパターンでマーカーの種別を区別します。

ARの技術が出始めたころは、このタイプが主流でした。

 

しかし、現在では認識技術も発達し、白黒画像でなくてもマーカーとして使用できます。

好きな写真やイラスト、商品パッケージなどをマーカーとして設定できるようになったのです。

このように、画像をマーカーとするタイプのARは、「画像認識AR」「ビジョンAR」などと呼ばれることもあります。

ARマーカーの仕組み

コンテンツとARマーカーを用意しただけでは、まだARとして見ることはできません。

ARとして楽しむには、次の3つを紐づけてアプリ開発時に読み込ませる必要があります。    

紐づけが必要なもの
  • 飛び出してくるコンテンツ
  • コンテンツを出力する位置や大きさ
  • ARマーカー

これではじめてカメラを通してAR体験ができるのです。

ARを楽しめるアプリ内には、ARエンジンというソフトウェアが搭載されています。

ARエンジンはスマートフォンのカメラで、読み込んだ画像を識別します。

カメラに映した画像が、先にアプリに読み込ませておいたARマーカーと一致すれば、紐付けたコンテンツが出力される仕組みです。

どのように作られているのか

ARマーカーは、マーカーにしたい画像を用意してARエンジンに読み込ませることで作成できます。

ARエンジンには無料で手軽に利用できるものからプロが使用する専門的なものまで多岐にわたりますが、いずれにせよARアプリを制作する専門知識が必要です。

 

また、どんな画像でもマーカーにできるわけではありません。

ARエンジンがカメラを通して識別しやすい画像にしなければ、認識率が下がってしまいます。

認識率が低い場合、次のような問題が発生します。  

発生する問題点
  • カメラがマーカーだと認識できず、コンテンツが出現しない
  • 認識が不安定でチラつきや途切れなどが発生する
  • 複数マーカーを登録している場合、正しいコンテンツが表示されない

現実世界に情報を付加できることがARの強みなのに、きちんと見れないのはストレスですよね。

マーカーとして使いやすい画像のポイントは後述しますので、ぜひ押さえておきましょう。

ARマーカーとQRコードの違い

QRコード

 ARマーカーとよく似たもので、QRコードがあります。

白黒で見た目もよく似ていることから、「どう違うの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

ARマーカーとQRコードは見た目がよく似ていますが、その役割は全く異なります。

QRコード・ARコードの特徴の比較

比較項目 QRコード ARマーカー
アプリダウンロード 不要(※1) 必要(※2)
マーカーのデザイン性 正方形・三隅に四角のマーク・白黒のドットパターンのみ イラスト・写真なんでもOK・人の顔をマーカーにすることも可(※3)
表示可能なコンテンツ URLリンクのみ表示可能 文字・画像・動画・3DCG・音楽など

※1:現在のiPhoneやAndroid端末のカメラにはQR読み取り機能が標準でついており、QRコードを読み込むためのアプリは不要です。

※2:スマートフォンのARはアプリ型となっていることが多く、App StoreやGooglePlayからダウンロードする必要があります。

※3:ただしマーカーに適している画像には条件があります。

QRコードはテキスト情報の記憶のみ

QRコードは、テキスト情報のみ記憶できます。

長いURLを入力する手間を省き、指定したウェブページへ誘導することが主な用途です。

誰でも簡単に作成できるWebサイトも公開されているため、すぐ始められる手軽さがメリットです。

 

ただし、QRコード自体が文字情報を持っているため、QRコード発行後の情報変更や追加はできません。

もしリンクするURLを変更したい場合は、QRコードを再発行する必要があります。

また、QRコードはWebページを表示させたらアクション完了です。

カメラを通して見えている現実世界にフィットするように情報を付加することはできません。

ARマーカーはあらゆるデジタルデータを記憶できる

ARマーカーは、動画や音楽や3DCGなど、あらゆるコンテンツを表示させることができます。

QRコードと比べて、表示できる情報量に大きく差がありますね。

アプリとの作り方次第では、次のようなことも実現できます。

ARコードで実現可能なこと
  • 時間帯によって出現させるコンテンツを変える
  • 端末のGPS情報と紐づけてエリア限定コンテンツにする

このように、QRコードと比べて表現できる幅が非常に広いことがメリットです。 

ただし、ARマーカーはあくまでコンテンツを呼び出すトリガーにすぎません。

起動するにはアプリが必要ですし、表示させるコンテンツはアプリ内やサーバーに別で持たせておく必要があります。

そのため、QRコードのように手軽に始められない点がデメリットです。

ARマーカーの種類

さまざまなWebサービス

ARが出始めた当初、マーカーはQRコードのような白黒の画像が主流でした。

しかし、ARの技術は日々向上しています。

画像以外にも、あらゆる情報をマーカーとして使える技術がたくさん開発されています。

ここでは代表的な次の3種類のマーカーを紹介します。

3つのマーカーの種類
  • 画像認識AR:任意の画像をマーカーとして利用する
  • ロケーションAR:スマートフォンの端末のGPS機能を使ってコンテンツを表示させる
  • 空間認識/物体認識AR:現実世界の奥行やモノを認識する

最近ではマーカーレスARという言葉も出てきました。 マーカーレスの定義は企業や人によってさまざまですが、次の2つのケースに分かれるようです。

マーカーレスの定義
  • 画像認識ARのうち、黒枠のない任意の画像をマーカーレスと呼ぶ
  • 空間認識/物体認識ARのことをマーカーレスと呼ぶ

<ARの技術が出始めてすぐのころは、「ARマーカー=黒枠があるもの」という認識が一般的でした。

そのため、現在でも「枠のない画像=マーカーレス」と呼ぶ名残が残っているようです。

 

ただし、最近では空間認識AR/物体認識Rのことを一括してマーカーレスARということが増えています。

ARコンテンツを出現させるマーカーとコンテンツの紐づけが不要なため、本来はこちらのほうがマーカーレスARの意味としては近いかもしれません。

画像認識AR

画像認識ARは、コンテンツを呼び出すトリガーとなる画像を、カメラでかざして認識するタイプです。

従来のような黒枠に覆われたタイプだけでなく、写真やイラストなどの任意の画像をARマーカーとして使用することができます。

商品パッケージ・雑誌・カタログなど、印刷物との相性が非常に良いことがメリットです。

最近では年賀状や名刺をマーカーとし、季節のメッセージやプロモーション映像を流すといった使い方も増えています。

ただし、マーカーとなる印刷物がないと、ARを楽しめない点はデメリットです。

トリガーとなるマーカーをどのようにユーザーに用意させるかが課題となるでしょう。

ロケーションAR(GPS認識)

ロケーションARは、スマートフォンの端末のGPS機能と連動し、位置情報(ロケーション)をマーカーとするARです。

これらの情報を紐付けて、コンテンツを表示する場所を決められます。

紐づける情報
  • GPSによる位置情報
  • 磁気センサーによる方角
  • 加速度センサーやジャイロセンサーによる角度

    画像がなくてもコンテンツを出現させられるため、屋外の広いエリアを活かしたARを楽しめることがメリットです。

    世界的に大流行している「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」など、現実世界の広範囲を舞台にしたアプリでよく使用されています。

     

    ただし、画像認識ARに比べて認識の精度が若干低く、意図した場所にコンテンツが出現しないことがあります。

    また、スマートフォンの位置情報の検出は、GPSに依存します。

    電波が不安定な場所や、狭いエリアではGPSの精度が悪くなるため、使用するシーンはよく検討する必要があります。

    空間認識/物体認識AR

    空間認識/物体認識ARは、スマートフォンのカメラやセンサーなどを通じて、現実世界の空間(高低差・幅・奥行きなど)をリアルタイムに解析してコンテンツを出現させるものです。

    平面だけでなく、銅像やオブジェなどの物体も認識できることが特徴です。

    目の前の空間を認識することで、より現実世界にフィットしたサイズ感や動きでコンテンツを出現させられます。

    事前のマーカー登録が不要のため、マーカーレスARと呼ばれることもあります。

     

    メリットは、マーカーを用意するのが難しい環境でもピンポイントでコンテンツを出せる点です。

    たとえば、2019年6月にリリースされたGoogleの動物検索では、調べた動物がARオブジェとしてリアルな大きさで目の前に出現するようになりました。  

    Googleの動物検索

    「3D表示」のボタンをタップすると…

    ハリネズミが現実世界に登場

    実物大のハリネズミが現実世界に登場しました!

    ただし、現実世界の空間をリアルタイムで解析するため、ほかのマーカーよりも計算量が増えることがデメリットです。

    高スペック・高精度なデバイスが必要なのはデメリットと言えるでしょう。

     

    しかし、最近ではスマートフォンのスペックもどんどん向上しており、空間認識ARの敷居は少しずつ下がってきています。

    2017年にAppleがiOS向けに「AR kit」を、GoogleがAndroid向けに「AR Core」というプラットフォームを公開したことで、より身近に体験できるようになりました。

    現在はさらにアップデートされているため、より現実世界にフィットしたAR体験が可能になっていくでしょう。

    画像認識ARのマーカーに適した画像とは?

    クエスチョン

     商品パッケージやカードなど、印刷物と相性の良い画像認識AR。

    スマートフォンの所持率が向上したこともあり、プロモーションや営業ツールなど幅広い分野で取り入れられています。

     

    しかし、どんな画像でもマーカーとして利用できるわけではありません。

    次の4つのポイントを押さえたマーカーを用意することで、認識率をアップさせることができます。

    より質の高いAR体験を実現させるため、必ず押さえておきたいポイントです。

    マーカーの認識率をアップさせるポイント
    1. 特徴点の多い画像
    2. コントラストがはっきりしたデザイン
    3. カメラにはっきり・無理なくおさまるサイズ
    4. 光が反射しない材質の紙・パッケージであること

    ポイント①:特徴点の多い画像

    特徴点とは、画像の中でも尖った点、鋭角な点のことです。

    これらが多ければ多いほど認識しやすく、マーカーに適した画像と言えます。

    次の2つの場合で特徴点が多いのはどちらになるでしょうか?

    ●■

    特徴点が多いのは、角が4つある■です

    逆に、●は角がまったくないため特徴点がありません。

    ポイント
    • 鋭利な点がたくさんある図形はマーカーとして認識しやすい
    • 丸みのある図形はマーカーとして認識しづらい

    マーカーとなる画像は、できるだけ鋭利なポイントをたくさん含んだデザインにすることが望ましいです。

    ポイント②:コントラストがはっきりしたデザイン

    画像におけるコントラストとは、明暗の差・色彩の差を指します。

    淡い色使いよりも、明暗や色使いのメリハリが強い画像のほうがマーカーに適しています。

     

    次の画像を比較してみましょう。

    A:幾何学柄

    幾何学柄

    B:ピントのぼけた風景

    ピントのぼけた風景

    Aの幾何学柄のほうが白と青でコントラストがはっきりしており、マーカーに適しています。

    一方、Bのピントがぼけた写真は色使いにメリハリがなく、マーカーには不向きです。

    たとえば、白い紙の上に黒い文字など、背景との境界がはっきりする画像を目指してデザインしましょう。

    ポイント③:カメラにはっきり・無理なくおさまるサイズ感

    マーカーが小さすぎると、カメラが特徴点を認識できません。

    マーカーのサイズは、最低でも3センチから4センチ以上の大きさにしましょう。

    最大サイズは特に制限はなく、カメラに収まれば大丈夫です。

     

    ただし、カメラにマーカー全体がムリなく収まる大きさにしましょう。

    たとえば、テーブルの上にマーカーを置いてARを楽しむ場合、あまりにマーカーが大きいとカメラに収まりません。

    一方、マーカーとカメラとの距離が離れている場合、マーカーをある程度大きくしておかないと、きちんと認識できません。

    マーカーを設置する場所やカメラとの距離感をよくシミュレーションして大きさを決めましょう。

    ポイント④:光が反射しない材質のパッケージ・紙であること

    マーカーをカメラに映す際に光や反射光が入ると、認識率が下がってしまいます。

    そのためマーカーを印刷する紙は、反射光の入らない材質が最適です。

    たとえば、お菓子のパッケージなどに多い、反射光の入りやすい材質にマーカーを印刷すると認識しづらくなります。

    また、ポストカードなど、表面がツルっとした紙も反射光が入る可能性があります。

    光が反射するかどうかは照明環境にも左右されるため、さまざまなケースに対応できる材質の紙を選びましょう。

    ARマーカーは既存ビジネスとの親和性が高い

    ビジネスシーン

    ARは印刷物をマーカーに使用できるうえ、スマートホンで手軽に楽しめるため、既存のビジネスとの親和性が非常に高いです。

    ヘッドマウントディスプレイが必要なVRと比べても、比較的取り組みやすい技術だと言えるでしょう。

    既存の販促ツールに付加価値をつけられる

    わざわざ新しい販促ツールを作らなくても始めやすいことが、ARビジネスのメリットです。 たとえば次のような使い方が想定できます。

    利用が想定されるシーン
    • マンションのチラシをマーカーにすれば、完成イメージを3Dで確認できる
    • 名刺をマーカーにして、自己紹介映像や問い合わせ先へのリンクを貼る

      マンション販売においてチラシは必要ですし、名刺はビジネスマンならだれもが持っているでしょう。

      こういった既存の販促ツールにARを導入することで、付加価値を高めることが可能です。

      こちらのサービスでは、ARコンテンツとして自社ホームページや問い合わせ先、SNSへのリンクも掲載しています。

      最近では多くの人がスマートフォンを持っており、ARを体験する敷居はグッと下がりました。

      専用の端末を用意しなくても気軽に楽しめることも、ARをビジネスに取り入れやすいポイントです。

      デジタルマーケティングと相性が良い

      近年モバイル回線が強化されていることもあり、ネットワークを介したAR体験も増えています。

      アプリの作り方次第では、マーカーを使ってARを表示させた回数をサーバー経由でログを取得することもできます。

      これにより、ターゲット層へのさらなるアプローチをかけたり、新たな潜在ユーザーの発掘に役立てたりすることも可能です。

       

      最近は専用ARのダウンロードをしなくてもARを楽しめる、アプリレスARも登場しました。

      ブラウザベースでAR体験ができるため、Webとの相性も非常に良い技術です。

      こちらの事例では、QRコードで専用ブラウザページにアクセスし、自動でカメラが立ちあがっています。

      Webコンテンツとの連動性の高いシームレスなAR体験は、これからますます加速していくでしょう。

      ARマーカーを活用した事例・アプリ

      ARマーカーに既存のものをうまく利用している事例と、最近増えているマーカーレスAR・顔認識ARの事例を紹介します。

      事例紹介
      • pictPOP(ピクトポップ)
      • IKEAカタログAR
      • IKEA PLACE(イケア プレイス)
      • コスメデコルテ ARメイクアプリ
      • ポケモンスマイル

      イラストや写真をARマーカーにする事例は、教育やアートの分野でたくさん導入されています。

      pictPOP(ピクトポップ)

      最近では、タレント・香取慎吾さんの個展で話題となった「pictPOP(ピクトポップ)」というアプリが話題になりました。

      作品をアプリのカメラでかざすと、スマートフォンの中で絵がうごきだします。 作品自体をマーカーにしている事例です。

      IKEAカタログAR

      既存の販促ツールをARマーカーにした事例として有名なのは、家具メーカーのIKEA。

      IKEAはいちはやくARを用いたデジタルシミュレーションを導入した企業として、非常に注目を集めていました。

      商品カタログがARマーカーになっています。

      室内でカタログを置いて専用アプリをかざすと、3Dデータの家具が出現します。

      IKEA Place(イケアプレイス)

      2017年にリリースされた「IKEA Place(イケアプレイス)」では、なんとARマーカーが不要です。

      家具を置きたい場所にスマートフォンをかざすと、自動的に寸法を計測。 ほぼ100%に近い精度で家具を設置した様子をシミュレーションできるようになったのです。

      これからは、こうしたマーカーレスARがどんどん身近なものになっていくでしょう。

      とくに人の顔をマーカーとして認識する顔認識ARは、すでにさまざまなシーンで実用化されています。

      コスメデコルテ ARメイクアプリ

      化粧品ブランド「コスメデコルテ」では、店頭で気になるコスメをカメラ越しにどんどん試せるARアプリを導入しました。

      顧客とのコミュニケーションのきっかけになったり、色違いをおすすめしやすくなったりというメリットがあります。

      ポケモンスマイル

      エンタテインメントの分野でも、顔認識ARを利用したゲームがたくさん出ています。

      2020年6月にリリースされた「ポケモンスマイル」は、顔認識を応用した歯磨きゲーム。 カメラにうつった顔の位置から歯の位置を検出し、歯磨きすることでリアルタイムにポケモンをゲットできる仕組みです。

      今後もこうした事前のマーカー登録が不要なARコンテンツはどんどん登場してくることでしょう。

      まとめ

      ARマーカーの仕組みや種類、画像をマーカーにする際の注意点、事例についてご紹介しました。

      ARマーカーは、ARコンテンツを呼び出すためのトリガーとしての役割を持っています。

      AR技術が世に出始めた頃、マーカーは画像が主流でした。

      技術の進歩により、画像以外にもGPSによる位置情報をマーカーにすることも可能になりました。

      空間をリアルタイムに解析してコンテンツを出現させるマーカーレスARも増えています。

      これからもARを中心としたデジタルコンテンツは、ビジネスのあらゆる領域で活用されていくでしょう。

       

      本メディア「ARマーケティングラボ」を運営するOnePlanetでは、ARエフェクトの開発、ARを活用したキャンペーン拡散やブランディングなどお力添えできます。

      ARを活用したビジネスを検討していましたら、お気軽にご相談ください。