ブランドや商品のプロモーションに “ARゲーム” が有効?企業が取り組むARゲームの事例と共に解説

自社のブランディングやプロモーションにARゲームを取り入れる手法をご存知ですか?
海外では国内よりも先行して、密かなARゲームのブームが来ています。

スマートフォンやタブレットの普及、またAR技術の進化によって、より身近に・より気軽にARを楽しめるようになりました。
ARをうまく使うことで、より面白くインパクトのあるブランディングやプロモーションが実現できます。
特に最近はARにゲーム性を持たせたコンテンツが増えているため、企業のマーケティング担当者はぜひチェックしておきたいところです。

そこで今回は、

  • ARゲームとはどんなものか?
  • ARゲームを使ったマーケティング・プロモーション事例

についてご紹介します。

ARゲームでプロモーションを検討している方のヒントになれば幸いです。

ARゲームとはどんなもの?

まず、ARとは何なのかをおさらいしましょう。

ARとは、現実世界には存在しないキャラクターなどを、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを通してデジタルで見せる技術です。
「拡張現実」とも呼ばれています。

このARを使ったゲームとはどのような特徴があるのか、実例と共にご紹介します。

現実世界とデジタルの融合を楽しむゲーム

AR機能付きのゲームは、ただキャラクターが飛び出してくるだけではありません。
自分自身でデバイスを操作し、なにかしらの遊び要素を持たせているのが特徴です。
つまり、現実世界とデジタルの融合を楽しめるのが、ARゲームの醍醐味というわけです。

なおARにはさまざまな種類がありますが、よく使われるARタイプには次のものがあります。

ARゲームの種類
  • 画像認識AR

トリガーとなっている画像をスマートフォンやタブレットのカメラでかざすとコンテンツが現れるタイプのARです。
スタンプラリーのようなゲームなどでよく使われます。
カメラ機能の向上で認識精度も向上していますが、画像を映せない環境(明るさや傾きなど)だとARを楽しみづらいのがデメリットです。

  • ロケーションベース型AR

デバイスのGPSで位置情報を取得し、プレイヤーが特定の位置にきた場合にコンテンツが現れるタイプのARです。
プレイヤーのデバイスのGPSの精度によってコンテンツの出方にバラツキがあるものの、画像認識ARのようにトリガーを必要としません。

有名なARゲームにはどんなものがある?

それでは、ARゲームにはどのよなものがあるのか、実例と共に見ていきましょう。
まずはARゲームの中でも人気の高い、エンタメ性の強いARゲームをご紹介します。

PokemonGO

もっとも有名なARゲームの1つに、PokemonGOが挙げられます。
GPSによる位置情報をもとに、現実世界のマップをARで現れるポケモンをゲットしたり、特定のスポットでバトルを楽しんだりできるアプリです。
2015年にリリースされたゲームですが、日々進化するAR技術に合わせてさまざまな機能が追加されており、2020年現在でも世界中で大人気です。

ハリーポッター:魔法同名

こちらは、魔法の世界を舞台にしたファンタジー「ハリーポッター」をテーマにしたARゲームです。
PokemonGoと同じく、GPSによる位置情報を利用したARで、魔法世界の建物や生き物との遭遇など、作中の世界観を楽しめるゲームに仕上がっています。

「ロイと魔法の森」

現実世界にファンタジーな世界観を再現するアドベンチャーARです。
現実世界の2.5m四方空間の中に、カメラを通してアイテムやキャラクターなど実在するかのように配置されるため、現実とデジタルの融合をよりリアルに感じられます。
プレイヤーの行動や選択によって物語も変化するため、ゲーム好きにはたまらない内容になっています。

ARゲーム×マーケティング・プロモーションの事例6選

ブランディングやプロモーションの手段としてARゲームを検討するにあたり、「壮大なゲームストーリーや大規模なアプリ開発が必要なのでは?」と不安に感じる方も多いでしょう。

確かに先にご紹介したPokemoGoなどの純粋なエンタメARゲームは、機能も多彩で、物語もよく作りこまれています。

しかしブランディングやプロモーションにおけるARゲームを企画する際、それほど難しく考えすぎる必要はありません。
「企業やブランドの世界観を体感できる・楽しめるAR」であればいいのです。

たとえば自社の商品やキャラクターをARで登場させるだけで、立派なオリジナルコンテンツになります。
さらにちょっとしたミニゲームやスタンプラリー機能などを持たることで、ARゲームのアイディアはどんどん出てくるでしょう。

商品のプロモーションや町おこしにARゲームを使った事例を6つ、ピックアップしてご紹介します。
ARゲームを使ったプロモーションやマーケティングを企画する際の参考にしてください。

ARゲームを使ったプロモーション事例
  • 森永製菓「キョロちゃんの遊べるARアプリ」
  • 江崎グリコ「ポッキー&プリッツ そとポ!そとプリ!」
  • モンテール「しあわせみくじ」
  • 静岡市「森町体験の里 アクティ森」
  • RIPNDIP 「Skate Nerm Game」
  • NETFLIX「No Spoilers」

    森永「キョロちゃんの遊べるARアプリ」

    専用アプリをダウンロードし、チョコボールのパッケージをデバイスのカメラでかざすと、キョロちゃんが出現!
    ちょっとしたミニゲームが始まります。
    シンプルですが、「チョコボールを食べるついでにちょっと休憩…」というときに楽しめる手軽さがいいですね。

     

    江崎グリコ「ポッキー&プリッツ そとポ!そとプリ!」

     

    専用アプリをダウンロードし、地図を頼りにスヌーピーのキャラクター達を探しに行くARゲームです。
    ポッキーやプリッツはターゲットとなる年齢層が広いお菓子と言われていますが、このARは小さい子供のいるファミリー層をターゲットにしているのでしょうか。
    散歩のついでに、子供と一緒に宝探し感覚で楽しめるARゲームですね。

    モンテール「しあわせみくじ」

     

    商品のパッケージを専用アプリでかざすと、ARおみくじが引けるというシンプルなもの。
    ちょっとしたお楽しみコンテンツとして簡単に導入できます。
    おみくじ結果はTwitterに投稿もできるので、拡散効果も期待できそうです。

    静岡市「森町体験の里 アクティ森」

     

    街おこしや施設プロモーションのためにARを使うケースが増えています。
    こちらの事例は、オリジナルキャラクター「コモコモ」を使ったスタンプラリーARゲームです。
    アクティ森敷地内でコモコモが棲んでいそうなスポットを、地図を見ながら散策していきます。
    コモコモをみつけるとスタンプが溜まり、数に応じて景品がもらえるというシステムです。

    RIPNDIP 「Skate Nerm Game」

    最近では、写真共有SNS「Instagram」で、ミニゲーム機能を持ったARフィルターを使ったプロモーション事例が増えてきました。
    画面に映った自分の顔の動きに合わせて操作するという、自撮りに抵抗のない若者世代向けの事例です。

    こちらは、アメリカL.A発のファッションブランド 「RIPNDIP(リップアンドディップ)」のプロモーションです。
    ブランドのオリジナルキャラクターのネコがスケートボードに乗り、ウンコをよけていくミニゲームです。
    スケートボーダーに人気のファッションブランドらしい、独自の世界観を持ったミニゲームに仕上がっています。

    NETFLIX「No Spoilers」

    こちらも、InstagramのARフィルターを使ったプロモーション事例です。
    動画配信サービスとして世界中で利用されている「NETFLIX(ネットフリックス)」が、「Spoilers(ネタバレ)」と書かれた敵キャラをよけながら高得点を狙うミニゲームARフィルターを発信。
    映画を愛する人にとって、ネタバレはなんとしても避けたいですよね。
    プレイヤーの心理と操作がうまくリンクした、ユニークなプロモーションです。

    まとめ

    ARゲームの特徴と、プロモーションに用いられた事例をご紹介しました。
    ブランドや商品の世界観に合ったARゲームを展開することで、よりインパクトがあって面白いプロモーションを実現できます。
    最近では専用アプリをダウンロードしなくても、InstagramのARフィルターを使って楽しめるゲームも増えています。
    ARゲームを使ったプロモーションにご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。