IKEA

2020年6月8日(月)、ARを活用して購買体験が可能な「IKEA(イケア)原宿」がオープンしました。

その概要を紹介しましょう。

概要

画像引用元:IKEA

 

IKEA原宿では 売り場をショールームのように整備し、店舗専用アプリ「IKEA原宿」を使用して買い物を楽しむことができます。

このアプリを使用して、カメラでショールームにある商品に向けると、商品を特定して詳細を見ることができます。

 

また、ARで家具を出現させ、色違いの確認したり、そのままショッピングカードに入れることも可能です。

店舗受け取りサービスを利用したり、そのままオンラインで注文して配送することも可能です。

商品を登録することで、自宅でもAR配置が可能で、購入前にトータルコーディネートを確認できます。

まとめ

ARアプリを活用した、店舗「IKEA(イケア)原宿」を紹介しました。

AR で商品をビジュアライズできることによって、これからの店舗の役割は大きく変わっていきます。

これから、ARと小売の事例は増えていくことでしょう。

「ARマーケティングラボ」を運営するOnePlanetでは、お子様向けに新しくARアプリケーションの開発をしたい企業様や、子供向け商品についてARを活用してプロモーションをしたい企業様のお手伝いをしています。

お子様向けのARを活用した新しい体験を検討する際には、お気軽にご相談ください。