スポーツ×AR

現実世界にデジタル情報を追加するAR技術。教育や製造業などあらゆる場面で活用されていますが、ARが大きな変化を起こしているのはスポーツ業界です。

スポーツ業界がARを活用することで、観戦やマーケティング、ファンのエクスペリエンス向上の仕方まで変わります。この記事では、スポーツ業界におけるAR活用事例を中心に解説します。

スポーツ業界におけるARの活用方法

まずはスポーツ業界での、ARの使われ方を4つの用途に分けて解説します。どの用途にも通じるのは、ARがファンのエクスペリエンスを向上させることです。

スポーツ業界におけるARの活用方法
  • スタジアムでのスポーツ観戦
  • スポーツ中継
  • マーケティング
  • アスリートのトレーニング

スタジアムでのスポーツ観戦

臨場感あふれる現地でのスポーツ観戦ですが、テレビ中継のように、細かな選手の動きを確認できないなどのデメリットもあります。AR技術を駆使すれば、そんなデメリットを解決できるのです。

例えば、スマホやスマートグラスでフィールドをかざせば、選手情報を確認したり、別アングルで撮影された映像を見たりすることが可能になります。AR技術を組み合わせることで、スタジアム観戦ならではの良さを残しつつ、弱点を克服できるのです。特に、超高速・大容量・低遅延が特徴の5Gが実用化された今、ARを活用したスタジアム観戦は一層普及すると予想されます。

スポーツ中継

スポーツ中継にARカメラを導入している放送局は増えています。しかし、現在のところスタジオでの解説や中継映像にAR情報を表示しているところがほとんどで、家庭でのAR映像はまだ実用化されていません。

もし今後、AR映像が家庭にも普及すると、スポーツ観戦が大きく変わるでしょう。スマホやスマートグラスをテレビにかざせば、実寸大の選手が目の前に現れ、現地で見ているかのような大迫力のプレー観戦ができる可能性さえあるのです。

マーケティング

あらゆるスポーツイベントにはスポンサーがつきもの。スポーツの試合は全世界で放送されるので、スポンサー側からしても、大会での宣伝は重要です。ARのようなテクノロジーを使えば、視聴者とインタラクティブな広告作成が可能となります。スタジアムの広告はもちろん、チケットやパンフレット、ポスター、ドリンクのコップさえもAR広告にできるのです。

特に30歳以下の若者は、従来の広告よりもインタラクティブな広告を好む傾向にあります。目新しく参加型のAR広告なら、消費者に好まれるでしょう。

さらに、AR広告ならではの強みが、効率的に顧客に関する情報収集を行えることです。集めた情報をもとにして、ユーザーに合わせた広告のパーソナライズ化も可能です。そうなると、ユーザーの満足度と売上アップを同時に期待できます。

アスリートのトレーニング

ARが最も力を発揮する場面は、アスリートのトレーニングかもしれません。例えば、お手本となるフォームを3D映像で撮影し、その映像をAR技術で再現しながら、アスリートは効率的にフォーム作りを行えます。もしくは、チーム全体の動きをARで確認しながら、戦術作りも可能です。

ARを導入したトレーニングが一般的になれば、各選手のレベルが上がり、結果的に試合のクオリティが高まる可能性さえあります。そうなると、ファンの満足度も上がることでしょう。

ARを活用したテクノスポーツが誕生

ARテクノロジーは、既存のスポーツ観戦や宣伝の仕方を変えるほか、新たなスポーツも誕生させました。現在、世界で最も注目されているテクノスポーツが「HADO」。ここからは、「HADO」について詳しく解説します。

テクノスポーツの先駆け「HADO」とは

「HADO」とは、AR技術とスポーツを組み合わせた最先端スポーツです。舞台はあくまでも現実世界で、ARテクノロジーの力で、エナジーボールやシールドを作り出します。競技ルールはシンプルで、エナジーボールを相手にヒットさせるだけ。基本的にはチーム戦で、相手チームメンバーを全員倒したら、勝利となります。

「HADO」の技術解説へ移りましょう。プレーヤーは頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着します。ヘッドマウントディスプレイがARによる映像をリアルタイムで映し出すのです。アームセンサーはユーザーの腕の動きを正確に感知。腕を上にあげるとエナジーボールを作ります。一方、腕を下にさげることで、シールドを作るのです。

「HADO」は2014年に日本で誕生し、今では世界160万人以上の人々に愛されるテクノスポーツの代表的存在となりました。年間100大会以上開催され、世界大会の優勝賞金は300万円にもなるほどです。

「HADO」は年齢や運動神経による能力の格差をなくす

「HADO」の画期的な点は、誰でも簡単にプレイできることです。従来のスポーツは、年齢や性別、運動神経などにより、大きく差がでました。しかし、「HADO」は特別な運動神経や筋力は必要なければ、障害を持った方でも楽しめます。肉体的なスポーツというよりは、頭脳的なゲームなので、運動神経や筋力の差などに関係なく、平等にプレイできるのです。

「HADO」はテクノロジーの力で、あらゆるボーダーをなくした良い例でしょう。まだまだテクノスポーツ市場は発展途上段階ですが、今後はスポーツやEスポーツのように、大きなスポーツジャンルとして確立される可能性は十分にあります。

体験できる施設一覧

「HADO」は取り扱い店舗に行けば、誰でもプレイできます。必要道具は貸してもらえるので、特別な準備も要りません。楽しみながらAR技術を体感できるので、機会があれば一度体験してみてはいかがでしょうか。日本での「HADO」体験可能施設はつぎの通りです。

HODO体験可能施設一覧
  • HADO ARENA HIBIYA
  • ミズノスポーツプラザ千住
  • XCUBE:エクスキューブ
  • ウェルネススクエア新栄
  • トランポリンパークMr.JUMP大高
  • VS PARK
  • NEWレオマワールド

    スポーツ放送でARを活用した3事例

    大多数の人々は、家庭でスポーツ試合を視聴します。視聴者のエンゲージメントを高めることが、放送局や番組にとって重要です。すでにAR技術を駆使して、3Dグラフィックや選手データ表示をしている放送局があります。次の3つが、スポーツ放送でARを使った事例です。

    スポーツ放送でARを活用した事例
    • FOX Sports
    • ラ・リーガ
    • ESPN

    事例①:FOX Sports

    新型コロナウイルスの影響で、スポーツは大きな変化を求められました。特に大きな変化は、スタジアムに入れる観客の数が制限されたことでしょう。テレビネットワーク「FOX Sports」は、かつてのように観客で満員のスタジアムを見せることで、視聴者に日常からの逃避を提供できると考えました。

    そこで、AR技術を駆使してバーチャル観客を作ることにしたのです。技術は、ARテクノロジーとカメラ追跡機能、そしてリアルタイムのグラフィック作成機能を組み合わせています。カメラの動きに合わせて、リアルタイムでARがバーチャル観客を視聴者に表示するのです。

    しかし、観客を作れなかったり、動きがリアルでなかったりすることから、まだまだ修正が必要なのも事実。「FOX Sports」の取り組みは、AR技術でバーチャル観客を作り出すものですが、AR技術でスタジアム上に本物の観客を映し出せれば、おもしろくなるかもしれません。

    事例②:ラ・リーガ

    スポーツ放送の際、選手や試合に関するデータを視聴者に表示することで、観客はより深く試合を理解できるようになります。スペインのサッカーリーグ「ラ・リーガ」は通信グループ「Mediapro」とパートナーシップを組み、ARテクノロジーで視聴者の試合への理解を深めることにしました。

    ARはリアルタイムで、選手プロフィールや走行距離、フリーキック成功確率など事細かに表示するのです。それはまるでビデオゲームを見ているかのようなもの。ビジュアルデータを表示することで、視聴者は一層ゲームに没入できるようになりました。

    事例③::ESPN

    「ESPN」が放送するスポーツ番組「Around the Horn」では、司会者が世界各国に住むスポーツジャーナリストなどのパネリストと、リモートで議論を交わします。番組は視聴者の関心を高めるため、AR技術を導入することにしたのです。

    従来は、パネリストとのビデオ通話画面を映していました。しかし、AR技術を導入したことで、パネリストを映した3Dグラフィックがスタジオに浮いた状態となり、パネル画面を自由に動かすことも可能になりました。番組の司会者によると、デザイン面で視聴者が見やすくなっただけではなく、パネリストによる議論が一層活発になったそうです。

    マーケティング・ファンの満足度向上でARを活用した5事例

    スポーツの世界では、試合に勝つのと同じくらい、利益を上げることが重要。AR技術を駆使することで、ファンの満足度やグッズの売り上げなどを高められるのです。ここからは、スポーツマーケティングやファンの満足度を高めるために、ARを活用した事例を紹介していきます。

    マーケティング・ファンの満足度向上でARを活用した事例
    • ダラス・マーベリックス
    • ミネソタ・バイキングス
    • サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
    • PUMA
    • マツダ

    事例①:ダラス・マーベリックス

    NBAの「ダラス・マーベリックス」は、フェイスブック上でARフィルターを作成しました。ARマーカーとしたのは、街中にあるチームのポスターです。ユーザーはスマホでポスターをかざすことで、特別な映像を視聴できるのです。

    さらに、指定のシュートを撮影した動画をSNSに投稿すると、スター選手のサイン入りジャージがプレゼントされる企画も実施されました。このようにAR広告を活用することで、ファンのエンゲージメントは高まるでしょう。

    事例②:ミネソタ・バイキングス

    NFLの「ミネソタ・バイキングス」は専用アプリにAR機能をつけました。アプリを起動して、毎年ファンに配布するプレイブックをスキャンすると、選手がファンに直接語りかける仕組みとなっています。ビデオが流れた後は、選手とセルフィーを撮影することも可能。

    結果、アプリのダウンロード数は58%も増加、ARコンテンツの平均滞在時間は約1分と素晴らしいものになっています。

    事例③:サンフランシスコ・フォーティナイナーズ

    スポーツチームの主な収入源は、スポンサー資金とグッズの売上です。これからは、グッズをAR化して、売り上げ増加を目指すのが普通になるかもしれません。

    フットボールチーム「サンフランシスコ・フォーティナイナーズ」は、マグカップのデザインをARマーカーにしました。ファンは専用アプリでマグカップをスキャンすることで、試合のハイライトを視聴できるのです。従来のスポーツグッズは値段の割に価値が低いです。しかしARを付与することで、値段と価値が釣り合うようになります。

    事例④:PUMA

    スポーツウェアブランド「PUMA」は、北米初となるフラッグショップの宣伝を兼ねて、AR体験を提供しました。「PUMA」のモバイルアプリからQRコードをスキャンすると、マスコットキャラクターが登場します。キャラクターはユーザーを、バスケット用品売り場まで案内するのです。さらに商品コードをスキャンすることで、ARによる商品紹介を楽しめます。

    事例⑤:マツダ

    「マツダ」のレーシングチームは、ファンにピットクルーとして働く体験を提供しました。しかし、実際にピットクルーになるのは不可能。そこでAR技術を活用したのです。

    大きなLEDスクリーンの前にファンが立つと、スクリーンに実際のピット作業シーンが映し出されます。リアルタイムでARが、ファンをスクリーン映像に重ね合わせることで、ピット作業の仮想体験を行えるのです。

    体験中の映像は録画され、ファンのメールアドレスに動画として送信されました。レースに訪れたファンにとって、良きお土産になったことは言うまでもありません。

    スタジアム観戦でARを活用した2事例

    5Gが実用化されたことで、スタジアムにARを導入しやすくなりました。これから、スタジアム観戦がよりスマートなものになることでしょう。ここからは、スタジアム観戦でARを使った事例を見ていきましょう。

    スタジアム観戦でARを活用した事例
    • パナソニック
    • KDDI

    事例①:パナソニック

    「パナソニック」が公開したスマートスポーツプロジェクトは、まだまだ実用段階にありませんが、近い未来のスタジアム観戦を示唆しています。このプロジェクト内でARは、スマートグラスに選手の姿やリプレイ映像を映す役割を担っているのです。

    最近は、大手企業が続々とスマートグラス開発に力を入れていることを考えると、数年後にはARを駆使したスタジアム観戦が一般化する可能性は十分にあります。

    事例②:KDDI

    2019年に開催されたサッカーキリンチャレンジカップ日本対ボリビア戦で、「KDDI」はAR技術を活用した観戦を実施しました。席に設置されたタブレットでピッチを映すと、さまざまな角度で試合観戦できるようになり、選手のスタッツ情報も表示されるのです。

    さらにハーフタイムなど試合中以外の時間は、ARで表示されたキックターゲットを打ち抜くゲームが提供されました。

    スポーツトレーニングにARが使われた3事例

    AR技術を上手く使うことで、スポーツトレーニングが効率化されます。最後に、AR技術を組み合わせたスポーツトレーニング用品を紹介しましょう。

    スポーツトレーニングにARが使われた事例
    • NIKE
    • RideOn
    • Ghost Pacer

    事例①:NIKE

    「NIKE」はゴルファー向けのAR搭載グラスの技術を考案しているようです。出願された特許情報によると、ゴルファーがボールを打つと、ボールの軌道や距離、スピードなどが測定され、ユーザーのスマートグラスにデジタル情報として表示されるそうです。

    さらに、各ショットに適したクラブの提案も可能。まだアイデアの段階ですが、実現化されると、ゴルファーはより正確なショットが打てるようになるでしょう。

    事例②:RideOn

    スタートアップ企業「RideOn」が一躍注目されたきっかけは、AR搭載のスキーゴーグルを開発したこと。ゴーグルを装着すると、音楽や地図、カメラ、仲間へのメッセージ送信など豊富なメニューが表示されます。ユーザーは視線を動かすだけで、メニューを選べるので、スキー中でも操作可能です。

    「RideOn」は主にウィンタースポーツ向けのARゴーグルを開発していましたが、最近ではトヨタとパートナーシップを結んで、サーキット用ARヘルメットの開発に取り組んでいるようです。AR搭載ウェアラブルデバイスはすでに普及し始めているので、ヘルメットやゴーグルなどの装着が必須のスポーツでは、AR導入が早く進むかもしれません。

    事例③:Ghost Pacer

    「Ghost Pacer」は世界初のランナー用ARグラスです。Ghost Pacerを装着することで、ランナーはARが作り出したバーチャルランナーと共に走れる仕組みです。バーチャルランナーのペースは自由に設定でき、自分の過去最高記録と併走することも可能。

    防水性と防塵性を兼ね備え、重量はたったの90グラムなのも魅力的です。仲間とのランが難しくなった今、バーチャルランナーと練習するのは良いアイデアかもしれません。

    まとめ

    スポーツ業界におけるAR活用法を解説しました。ARを導入することで、スポーツ観戦からマーケティング、放送、そしてトレーニングまで変わるのです。すでに多くのチームや企業が導入を検討しています。

    本メディア「ARマーケティングラボ」を運営するOnePlanetでは、ARエフェクトの開発、ARを活用したキャンペーン拡散やブランディングなどお力添えできます。

    スポーツ業界でのAI活用を検討していましたら、お気軽にご相談くださいませ。