AWE2020レポート EコマースでのAR活用すべき理由

こちらの記事ではAWE2020のセッション「AR for eCommerce is the Most Relevant use of AR Today」を元に、できるだけわかりやすく編集して書いた記事になります。

ECを運営されている方には有力な情報なので、是非読んでみてください。

なぜ今ECに注力するべきなのか?

コロナウイルスの影響で、Eコマースの需要が高まっています。家具や車など特定の業界はARに投資を検討すべきでしょう。

ARはエンターテイメントを中心に盛り上がっているが、利益に直結する結果はまだ出ていません。一方でEコマースでのARはすでに売り上げに影響する結果を出している数少ない領域にないっています。

よって、これからECでAR機能を提供することはスタンダードになる時代が近づいており、AR機能の有無はUXに大きく影響します。

ARがEC内で効果を発揮する理由

ARで商品をビジュアライゼーションする事のメリットの一つは、様々なユーザーの疑問を取り除ける点です。

ECの最大の弱点は、商品を直接見る事が出来ない点ですが、ARはその点を解決するので、ユーザは様々な疑問を自ら解決する子ができ、購買する際の確信を持つ事ができます。

また、イメージと現物のギャップが発生しずらいため、返品率も減少する効果があります。

EコマースでのAR活用の成功事例

「Shopify」をはじめ、海外ではECでのAR機能の活用が広がっています。ユーザーが手元のスマートフォンですぐに商品の試し起きや360度で商品を見る事が可能です。

AR機能を提供している場合とそうでない場合で150%以上のCVRの差が発生するとの事例も発表されいています。

まとめ

あらゆるブランドの生存競争において、ARの導入・活用は今後の競争力の源泉となります。

ARマーケティングラボを運営する株式会社OnePlanetは、AR時代の企業のマーケティング・プロモーションを支援するARサービス会社です。

AR導入は「単にARを導入してみた」というだけで効果が分からないまま終わってしまうケースが多く、私たちは企業のマーケティング活動全体から落とし込んだAR活用の提案をしています。

ARを活用したマーケティングについてご質問・ご相談がある際には、お気軽にお問い合わせください。