ARグラスはスマートグラスとは違う?具体例や今後の展望について解説します

ARの新しい活用方法として、ARグラスが注目されています。この記事では、企業のマーケティングにARを活用したいと考えている担当者に向けて、ARグラスの概要やスマートグラスとの違い、ARグラスの活用例から今後の展望まで解説します。ARグラスについて理解を深めて、マーケティング施策検討の参考にしてください。

ARグラスの概要

ARグラスとはどのようなものなのか、「AR」の意味も含めて解説します。

ARの意味

ARは「Augmented Reality」の略で、拡張現実という意味です。スマートフォンやタブレットのカメラを使って、現実の風景にバーチャル映像を重ねて表示させることができます。

ARによって、バーチャル映像を現実世界に映し出すと、実際には存在しないものが、目の前に現れたような感覚になります。この特徴を活用した映像やゲームでユーザーを楽しませたり、これまでは伝えきれなかった情報を新たに付加したりといったことが可能です。

ARグラスとは

ARグラスとは、AR画像や映像を映し出せる眼鏡です。眼鏡を通してAR映像をみられるため、スマートフォンやタブレットを手に持つ必要はありません。両手が空くうえに、スマートフォンやタブレットの画面を通してみるよりも、ARをリアルに感じられるのが特徴です。

ARグラスは単純に画像を眼鏡に映すだけではなく、周囲の環境がどのようになっているかを認識できる機能も備わっています。周囲にある物の位置を把握して画像や映像を映し出します。

ARグラスとスマートグラスは違う?

ARグラスとスマートグラスは混同される場合がありますが、両者は異なります。スマートグラスは、視界の一部に情報を映し出す機能が備わった眼鏡を指します。ARグラスとの違いは、スマートグラスは周辺情報を認識できないという点です。スマートグラスはARグラスに比べて機能が少ないため、重量は軽く、価格は安い傾向があります。

先述のとおりARグラスは、環境情報を認識して、表示する映像に変化を加えられます。進化したスマートグラスと表現してもよいでしょう。そのため、ARグラスは、ARスマートグラスと呼ばれる場合もあります。

ARグラスの活用例

ARグラスはさまざまなシーンで活用されています。ここでは、ARグラスの活用例について解説します。

建築現場

建築現場では、ARグラスに点検箇所や設計図を映し出して活用しています。ARを使うと、設計図などの情報を現場に重ねて表示できるため、より正確に情報を把握できるというメリットがあります。

建築現場では、資材を運ぶ作業などには両手を使います。ARグラスは、両手が自由な状態でARを利用できるため、作業しながら設計図の確認が可能です。ARグラスによって、設計図の目視確認と現場作業とを繰り返す必要がなくなり、安全に効率的な作業ができます。

仕分けやピッキング

大量の荷物の仕分けや、広大な倉庫でのピッキング作業などにも、ARグラスが活用されています。ピッキングしたい商品がどこにあるのか、運ばれてきた商品をどこに搬入すべきかなど、ARを使うと瞬時に把握できます。建築現場と同様に両手がふさがる作業も多いため、ARグラスは大いに役立つでしょう。

また、出荷指示や搬入場所を紙で確認するのは、時間がかかるうえに、内容を読み間違える可能性もゼロではありません。ARグラスを使えば、これらの情報も視覚的に把握できるため、ミスも減らせます。

遠隔地からのサポート

現場にいる人がARグラスを装着して、その映像を遠隔地にいる指導者と共有してサポートを受けるという活用方法もあります。ARグラスに指示内容を表示させて、音声と併せて指示ができるため、遠隔地にいても直接的な指示が出せます。

新型コロナウイルス感染症の広がりにより、同じ空間に多くの人が集まりにくい状況になりました。また、熟練の作業員不足という問題もあります。ARグラスによる遠隔地サポートは、これらの問題を解決できると期待されています。

ゲームなどのエンターテインメント

ARグラスは、ゲームなどのエンターテインメントにも使われます。ゲームの映像をARグラスに表示させると、スマートフォンやタブレットでゲームをするよりも、よりリアルな感覚が味わえると話題です。

ARグラスで映像を見ながら両手でコントローラーを操作できれば、実装できるゲームの幅が広がる期待もあります。また、物理的な装置の作成が難しい、脱出ゲームなどにも応用されています。

株式会社OnePlanetの「Giant Pizza Tower」

株式会社OnePlanetは、ARグラスを活用したゲームを開発しました。空や自宅の天井などから落ちてくるピザをキャッチして遊ぶゲームです。コントローラーを使う必要がないため、ゲーム中でも両手が使用できます。

現実世界と映像がリンクするため、目の前にピザが降ってくるような感覚になれるゲームです。ARグラスの特徴を存分に楽しめるでしょう。

株式会社OnePlanetの「ML Music Live」

同じく、こちらもOnePlanetが提供するMRグラス「Magic Leap 1」を活用した空間音響アプリケーション「ML Music Live」です。

MRグラスのコンピューターが利用者のいる空間を個別に認識してメッシュデータにし、音に合わせて空間が変化するというこちらのアプリも、従来のDJやVJとはまた違い、イベント会場などでこれまでと違った全く新しいユーザー体験を提供できるでしょう。

医療現場

医療現場では、遠隔地からの診療にARグラスが活用されています。先述のとおり、ARグラスを使用すると遠隔地から現場への指示が、より正確に伝えられます。そのため、在宅患者のもとへ看護師が訪問して、遠隔地から医師が診療する在宅医療が可能です。

また、ARグラスは両手が自由になるため、手術のシミュレーションなどにも役立つでしょう。患者のCT画像を利用して、本番同様のシミュレーションもできます。

教育現場

ARグラスは、教育現場での活用も期待されています。例えば、どの場所にどの星があるのかわかるアプリなど、天気が悪くても子供が楽しく学習できるARグラスが提供されています。教科書や図鑑だけではわかりにくいものも、ARグラスを使うと、目の前に実物が存在しているようにみえます。

ARグラスを教育現場に導入すれば、子どもたちがより好奇心を刺激しながら飽きずに学習できるようになるでしょう。

注目されているARグラス製品

ARグラスはすでに製品化されており、購入可能な製品もあります。ここでは、注目されているARグラス製品について解説します。

発売済みの製品

すでに販売されているARグラスを紹介します。

Magic Leap1

Magic Leap1は、高性能なARグラスでありながら、わずか316gという軽さが特徴です。先述の株式会社OnePlanetの「Giant Pizza Tower」は、このMagic Leap1を活用しています。オーディオ機能も付いているため、リアルな感覚を体験できます。NTTドコモがライセンスを持っており、ドコモオンラインショップで予約・購入が可能です。

Nreal

Nrealは、個人が楽しむために開発されたARグラスです。KDDIと中国の企業であるエンリアル社が共同で開発したARグラスで、2020年12月1日から販売されています。iF Design Award 2020 を受賞するなど、AR業界で注目を集めています。目の前に100インチのスクリーンが広がっているような映像体験が可能です。

Microsoft HoloLens2

Microsoft HoloLens2は、ワイヤレスで使用できる、ホログラフィックコンピューターです。OSとしてWindows10が搭載されており、数多くのアプリケーションやソフトウェアに対応しています。YouTubeやSkypeといったアプリも使用可能です。Skypeで相手と会話ができるのはもちろん、相手が描いた図などをホログラムで目の前に表示させる機能もあります。

Glass Enterprise Edition 2

Glass Enterprise Edition 2は、エンタープライズ向けに特化されたARグラスです。Googleが主にアメリカとカナダ向けに取り扱っている製品です。8時間の連続使用が可能で、現場での長時間作業もこなせるスペックでありながら、バッテリーのサイズや重さは負担にならないという特徴があります。

これから発売が期待されているARグラス

詳細は未発表ですが、発売が期待されているARグラスもあります。ここでは、これから発売が期待されているARグラスを紹介します。

Apple製品

2022年には、AppleのARグラスが発売されるのではないかといわれています。「Apple Glass」という名称で、iPhoneと同期して使用するApple Watchのような製品という予想が話題になっています。

Facebook製品

Facebookは、一般向けのARグラスを開発中であると発表しています。ただし、AR機能なしのスマートグラスとしてスタートするとも発表しており、ARグラスの販売はまだ先になるようです。いずれはARグラスも発売する見込みで、開発段階とされています。

ARグラスの今後とは

ARグラスは、今後どのように展開していくのでしょうか。ここでは、ARグラスの今後について解説します。

ARグラス市場は成長すると予測されている

富士キメラ総研の調査によると、ARグラスの世界市場は、今後も拡大すると予想されています。直近ではスマートフォンと連携した接続型の増加が予想されていますが、長期的にみるとARグラスに移行していくとみられています。

2030年には、ARグラス市場は13兆9,500億円に達するとの予想です。その背景には、労働人口の減少や、新型コロナウイルス感染症の広がりによって、人と人との接触を減らしたコミュニケーションが必要とされているといった事情があります。先述のとおり、あらゆる分野で活用が期待されているという側面もあり、市場はさらに拡大するでしょう。

参考:AR/VR 市場を調査|富士キメラ総研

BtoC向けは今後に期待

ARグラスは価格設定が高めであるため、大部分がBtoB向けの製品で、BtoC向けの製品はそれほど多くはありません。また、ARグラスは高度な技術が必要なため、価格や重量を抑えたBtoC向けの製品は、性能が低くなってしまうのが現状です。

しかし2022年以降には、AppleがARグラスを発売するとみられており、今後は個人が手軽に楽しめるBtoC向けARグラスの展開も期待できます。一般消費者の間でもARグラスの普及が進めば、マーケティングなどにも活用の幅が広がるでしょう。

まとめ

ARグラスはAR機能が搭載された眼鏡で、両手が自由に使えるため、建築現場や医療現場でも活用が期待されている製品です。現状では大部分がBtoC向け製品ではありますが、今後市場の拡大などを受けて、BtoC向けのARグラスも発売が期待されています。

株式会社OnePlanetは、ARマーケティングの企画から開発、分析やレポーティングまでワンストップでの提供が可能です。先行する海外のARマーケティング事例について、常に情報を収集・発信し、成果を生む方法を研究しています。

ARを使った広告やプロモーションにご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。